trending topics

Google Newsがトレンドトピックを試験中

次の記事

Sciencefeed、研究者向けのFriendFeedを目指すプラットフォームを提供開始

GoogleはBuzzの公開によって、すでにTwitterの脚本の1ページを切り取ろうとしている。Gmailの全ユーザーが、近況アップデートを発信し、リンクやブログ記事、写真、ビデオ等々を共有できるようにするサービスだ。しかし、昨年Twitterを買収しそこねたGoogleは、自らもさまざまなサービスを研究中でその一部を自社サービスに組み込んでいる。次にTwitterから借りてこようとしているのが、トレンドトピックだ。Twitterでは、ユーザーの間で最も多く使われているキーワードや急増しているものを、サイドバーやTwitter検索に常時表示している。

現在一部のユーザーは、Google Newsにログインすると、同じようなトレンドトピックがサイドバーに見えているようだ。Joe Hobotがキャプチャーした左のスクリーンショットが彼のブログで紹介されている。今日これまでのトレンドトピックには「ギリシャ」(経済緊縮を計画中)、「イラン」(核政策に対して国連が制裁を検討している)、「モバイルテクノロジー」、「スマートフォン」(今日バルセロナでMobile World Contressが開幕したからに違いない)などがある。Googleではすでに、ニューストピックの相対的人気度をGoogle Trendsで見せているが、Google Newsに表示すればさらに便利だろう。

しかしこのトレンドトピックは、もっと大きなデザイン変更の一環のようだ。われわれは、Google Newsのバケットテスト[限定ユーザーによるテスト]の報告画面イメージを受け取っている(下の画像参照)。この変更には、パーソナライズのオプションもあり、Google Newsを位置またはカテゴリー(ビジネス、ワールド等)毎にカスタマイズできる。

もちろんMyYahooは10年前にこれをやっているが、ようやくGoogle Newsがユーザーにニュースページをカスタマイズできるようにする、というのは良いことだ。

アップデート:Google広報担当者が認めたところによると、同社では2月初めからこの新デザインのテストを続けているという。「Googleでは世界中の当社サイトにおいて、常時50~200種類の実験を行っている。現在当社ではGoogle Newsの新ホームページデザインの小規模なテストを行っている。Search Engine Roundtableにも同じようなスクリーンショットが金曜日に掲載された

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)