Six-Apart
pownce
plancast

Twitterの対抗馬を目指したPownceの創立者、Six Apartを退職

次の記事

[jp] 2/26に東京Camp vol.2開催。Demopitのご紹介&一般募集も開始します!

2008年10月、Six ApartPownce買収した。PownceはTwitterの対抗馬たるべくマイクロブログサービスを展開していたが、十分な利用者を集めるには至らなかった。買収に伴いサービスは閉鎖され、2名の開発者チームはSix Apartに移った。Pownceの技術をSix Apartのブログサービスに統合するためだ。しかしこのたび、Pownceの創立者であるLeah Culverは、彼女のブログでSix Apartを退社する旨を発表した。この1年はTypePadおよびTypePad Motionの仕事をしていた。今後彼女はPlancastのiPhoneアプリケーションの開発に携わるとのこと。

但し、Plancastの従業員になるというわけではないらしい(少なくとも当面は)。Plancastの創立者(かつTechCrunchのOB)であるMark Hendricksonによれば、Leah CulverはまずiPhoneアプリケーションの開発契約を結んで作業を行うようだ。将来的にどうなるのかはいまのところ不明だ。Culverのブログには、現在プライベートベータで提供されているウェブ上のIRCクライアントであるLeafy Chatの開発も続ける予定と記している。

彼女の動向以外に注目しておきたいことがひとつある。Pownceの技術チームはCulverとMike Maloneの2人だった。そして両名とも買収を機にSix Apartの従業員となった。Maloneの方は買収後1年でSix Apartを去りSimpleGeoに移った。そしてその1ヵ月後にCulverも辞めることになったわけだ。おそらくは買収時に1年間の就業契約があったのだろう。期間が過ぎて2人が立て続けに離職することとなったわけだ。これはつまりPownceの技術をSix Apartのプロダクト内でうまく活用することができなかったということを意味するのだろう。

Image by hyku

原文へ

(翻訳:Maeda, H)