NTT Docomo、ソーシャル音楽プレイヤーのTuneWikiに出資

次の記事

TechCrunch読者はすでに20%がChromeを使っている

ソーシャル音楽プレイヤーのTuneWikiに出資が集まっている。このスタートアップはシリーズBのラウンドで、Motorola Ventures、Intellect Capital VenturesHillsVen CapitalNovel TMT、Benchmark Israelから合計$7M(700万ドル)の資金を調達した。今日(米国時間2/16)、TuneWikiは日本のテレコムの巨人NTT DOCOMOのベンチャーキャピタル、DOCOMO Capitalから出資を受けたことを発表した。金額等の詳細は明らかにされてない

TuneWikiでは、新たな資金を既存の携帯プラットフォームの改良ならびに新製品の)開発に利用するとしている。TuneWikiは、YouTubeのビデオと歌詞表示サービスからの歌詞を統合したカスタマイズできるソーシャル音楽プレイヤーをウェブと携帯に提供している。TuneWikiでは新しいモバイル・ゲームを開発し、現在の製品に画期的なアップグレードを実施しようと計画中だ。

当然、NTT DOCOMOの投資は日本の携帯市場への本格的進出の可能性を広げるものだろう。TuneWikiのCEO、Rani Cohenは「日本ではカラオケ・アプリが非常に人気がある。TuneWikiの歌詞表示機能は日本市場に合っている」と述べた。TuneWikiではiPhone、Android、BlackBerryNokiaの携帯に対応している。

TuneWikiは新しくCOOにActivisionの元COO、Lawrence Goldbergを任命した。マーケティング・ディレクターのMichael Steinerはゲーム会社でGuitarHeroの販売を担当していたが、その前はやはりActivisionにいたことがある。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01