新サービス「空き巣に入ってね」―Foursquareなどの位置情報公開に警鐘

次の記事

Google Books和解案にいちばん強力に反対すべきはテクノロジ部門だ–その意外で深刻な理由

位置情報ベースのSNSが大流行している。議論を呼んでいるGoogle Buzzについてさえ、携帯サイトに位置情報を追加したのは正しい方向だと評価されているくらいだ。しかしソーシャル・ネットワークを現実の場面での活動に結びつける上で位置情報の公開が非常に大きな効果があるにしても、同時に重大な副作用があることも明らかだ。プライバシーである。

この点にユーモラスな表現で警鐘を鳴らす新しいサイトが現れた。Please Rob Me〔空き巣に入ってね〕 は複数の位置情報ベースのサービス(私は現状ではFoursquareだけしか確認できなかった)からユーザーが自宅以外からチェックインするたびにその情報をストリーミングする。言うまでもないが、家にいないのなら空き巣に入れるわけだ。

このサイトはTwitterへのフィードを自動的にスキャンし、位置情報によるチェックインが付加されたメッセージを検索して表示する。同時に発信者に次のようなメッセージを送り返す。

ハイ、 @誰それ、キミの居所はTwitterで世界中に公開されていることを知ってるかい? #pleaserobme.com

このサイトには場所でソートしたり、特定の相手(Twitterユーザー名で指定)が外出しているかどうかを調べるオプションが用意されている。

もちろん、このサイトの目的は位置情報ベースのソーシャル・サービスのはらむ危険性にユーモラスな表現で注意を引こうとするものだ。〔以下原文参照〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01