bloom energy
bloom boxes

燃料電池革命? Google、eBay等がテスト中のBloom Energyがいよいよお披露目へ

次の記事

Twitterのフォロワー管理、Seesmicのウェブクライアントがますます便利に

ここ何年も「世界を変えるような画期的代替エネルギー」の噂が絶えないが、ほとんどすべてが噂のままで終わっている。ところが今夜(米国時間2/22)、CBSの人気ニュース番組60 MinutesですでにGoogleやeBayのような有名企業で試験運用されているという代替エネルギーが紹介された。この番組は必見だ。

Bloom Energy社は、“Bloom Box”と呼ばれる小型の燃料電池セルを開発した。セル2個でアメリカの平均的住宅の電力需要を満たす(電力消費の少ない国なら1個ですむ)という。実際、どのくらいのサイズかというと、上の写真にあるように、普通の建築用レンガよりいくらも大きくない。もちろん発電ユニットにはエネルギー源(天然ガス)を供給するパイプを取り付けるなどしなければならない。しかし全体の大きさは冷蔵庫くらいだから、一般家庭の家の側に置いてクリーンで経済的な電力を供給することが可能だ。

現在このユニットは$700,000-$800,000(70万ドル~80万ドル)もするが、ファウンダーのK.R. Sridharはこの装置をすべての家庭に普及させることを願っており、コストを$3,000くらいまで下げることができればそれができると考えている。Sridharはその価格が可能になるのに5年から10年かかると予想している。

当然のことながら、この燃料電池については懐疑的な声も多く存在する。しかし、ここ何年も無数の燃料電池製品が開発されたが、60 Minutesで紹介されたものはなかった。Google、eBay、FedExといった有名企業に試験導入された燃料電池もBloom Boxが初めてだ。Googleのデータセンターの一つで過去1年6ヶ月にわたって4基のユニットが運用されているという。eBayでは5基を運用して過去9ヶ月で$100,000(10万ドル)の電気料金が節約できたしている。

Bloom Energyは取締役の一人にColin Powell元国務長官を迎えており、Powel氏は今夜の60 minutesに出演してBloom Boxeについて話をした。同社はKleiner Perkins他のベンチャーキャピタルから$400M(4億ドル)近辺の資金を調達している。KleinerのJohn Doerrも60 Minutesに長時間登場し、Googleも含めて、過去に投資してきた企業の中でもBloom Energyが世界に与える影響が一番大きい会社となる可能性があると信じる理由を語った。Bloom EnergyはKleinerにとって最初の本格的なグリーン・テクノロジーへの投資となる。

懐疑的になるか驚嘆するかはビデオを見てから決めてほしい。現在すでにテスト運用中だということを知って私は驚嘆側に回った。Bloom Energyはこの水曜日、サンホセで大規模な発表イベントを実施するようだ(サイトにカウントダウンが表示されている)。そこでさらに多くの情報が明かされるだろうと期待している。

〔日本版:クリーンエネルギー専門家の解説としてはMichael KanellosのIs Bloom Energy’s Secret Ingredient Zirconia?が詳しい。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01