Sugarsync

SugarSync、メールでファイルをアップロード可能に。500GBプランを新設

次の記事

Grogger:ブログをクラウドソース化するプラットホーム

SharpcastのSugarSyncは、デスクトップ、ノート、携帯電話からテレビまでデータを同期するアプリケーションだ。このたびメールを使ってもっと簡単にデータをバックアップできるようになった。同社が提供開始する「メールでアップロード」は、メールに添付して送るだけでファイルを自分のSugarSyncアカウントに保存できる機能だ。

新機能を使うと、SugarSyncユーザーは専用のメールアドレスに添付ファイルを送れば自分の専用フォルダーに保存される。送ったファイルは同期している他のデバイスですぐに利用できる。添付ファイルがたくさん付いたメールを受け取ったときなど、そのままSugarSyncのメールアドレス(スパム防止のためにランダムな文字と数字からなる)に転送するだけでよい。これで添付ファイルがすべてユーザーのSugarSyncアカウントに送られる。さらに安全性を高めるために、同期する前にSugarSyncが添付ファイルのウィルスチェックを行うほか、悪質なファイルの侵入を防ぐために特定のファイルタイプ(.exe、.cmd、bat等)を排除している。

現在SugarSyncでは、合計最大2ペタバイトのユーザーデータをサポートしている。同社CEOのLaura Yeciesによると、サービスの人気が高いので、新たなパワーユーザー向けストレージとして、$39.99/月で500GB使用できるアカウントを提供開始する。これまでの最大容量は250GBだった。

最近SugarSynchは、スモールビジネス向けサービスを開始しており、Yeciesによると出足好調とのこと。SugarSyncに関する過去の記事は、ここここで読める。

SugarSyncの競合には、MicrosoftのWindows Live Meshや、DropboxBox.netZumoDrive Mozyなどがある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)