MicrosoftがGoogleを“訴訟はお前の身から出たさび”と一喝

次の記事

Trackurがソーシャルメディア監視ツールの無料バージョンを開始–Google Alertsで物足りない人はぜひ

今週の初めに、EUがGoogleに対する反トラストの調査を開始したというニュースが報じられた。そしてそこには、Microsoftの関与を疑わせる兆候が至る所にあった。Googleを訴えた3社のうち1社はオーナーがMicrosoftで、もう1社はMicrosoftが出資している団体の会員だ。Googleは”Committed to competing fairly”(競争は公正にやっている)と題するブログ記事で、取り調べに対し直ちに反論し、その中で検索のランク付けに関して概要を述べた。

今日(米国時間2/26)Microsoftは、同社のブログ記事で、調査の開始に関与したことを認め、“不正競争の訴えは当該企業の競合他社から起こされるのがふつうであり、何の不思議もない”と述べている。そして、“それなのにGoogleは、反トラストの訴えは最後に残った検索の競合他社から起こされているから虚偽である、と記者たちに語っている”とGoogleを非難している。

Microsoftの記事を書いたのは同社の法務部次長Dave Heinerで、とくにMicrosoftとYahooの検索に関する契約をめぐって行われた、欧州委員会および合衆国司法省との議論の一部を詳説している(Googleの反競争的行為云々という問題はその議論の一環として出てきたもの)。Heinerはまた、MicrosoftはGoogle以外のそのほかの企業(複数)に関しても、不当競争の嫌疑で当局の注意を喚起しつつある、と注記している。

Microsoftのブログ記事から、おもしろい部分を引用しよう:

近年、Googleの強大化に伴い、Googleのさまざまな事業慣行に関する苦情を大小さまざまな企業から聞く機会が増えている。その一部は、Googleの攻撃的な事業姿勢をそのまま映し出している。また、各方面におけるGoogleの秘密主義に関する苦情もある。これらの苦情の一部は、反トラストの真剣な訴案になりうるものと思われる。Googleに対する懸念を抱いた多くの企業は、それらに対し弊社Microsoftが行動を起こすことと、弊社からのアドバイスを求めていた。彼らの反トラスト懸念が相当に実質的であると思われるに至ったので、弊社は彼らに対し、司法当局に申し立てを行うよう提案した(Microsoftに苦情を持ち込んでもあまり助けにはならない)。

検索とオンライン広告の両者がますます、Google一社によって牛耳られるようになっている。Googleの事業は(PCのオペレーティングシステムビジネスがそうであるように)強力なネットワーク効果に支えられているため、問題をもたらしている。検索エンジンのアルゴリズムは、ユーザと検索結果との対話から“学習”して成長する。Googleのアルゴリズムは、あまり一般的でない検索語に関しても、他よりも優れた学習効果を獲得する。それはGoogleの上では、一般的でない検索語も、それらを検索する人の数がより多いからである。

このことも含め、さまざまなネットワーク効果のために、競合する検索エンジンの追随が困難になっている。Microsoftの評判の良いBing検索エンジンは、量に依存しない領域においてはイノベーションによってそのハンディを克服しつつあるが、あまり一般的でない検索語に関して適切な結果を生成するためには、Bingも量を必要とする。MicrosoftとYahoo!が検索の量を合体させようとするのも、まさにそのためである。弊社がGoogleの事業慣行を懸念するのも、そのページ掲載者と広告者の囲い込み傾向により、Microsoftによる検索の量の取得がより困難になることを、このまま放置することはできないからである。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))