allrecipes

乱雑なキッチンの救世主たるiPadを見据え、AllRecipesはiPhoneアプリケーションのプロ版をリリース

次の記事

2月26日、TechCrunch Japan 東京Camp開催―スタートアップ全19社のデモ一挙紹介

料理およびレシピのコミュニティを展開しているAllrecipesがPro版のiPhoneアプリケーションを発表した。名前はDinner Spinner Proというものだ。App Storeで$2.99で販売されている。このアプリケーションからAllrecipes.comのレシピライブラリ全体にアクセスでき、個々人用に用意されているレシピボックスにレシピを保存しておくことができる。またレシピを見ながらショッピングリストを作ったりすることもできる。

Allrecipesは昨年無料のiPhoneアプリケーションを発表し、ダウンロード数は280万となっている。この人気具合とレシピを保存したいという利用者の声に応え、機能を追加して有料版をリリースするに至ったというわけだ。有料版ではレシピの検索や個人用Recipe Boxへの保存、レシピの評価や投稿、加えてモバイル端末から画像のアップロードもできるようになっている。買い物リストを作ることもでき、複数のレシピで必要となる材料をとりまとめ、買い物時に不足材料をチェックしたりすることもできる。

尚、iPadが料理ないしレシピアプリケーションに新たな息吹を吹き込むのではなかろうかという意見もある。iPhoneなどの携帯端末でレシピを読むのはきつい。こういうときにiPadの大きなディスプレイがあれば料理ブックの代用となる。それにiPadは電子ブック媒体でもあるわけだ。つまり利用者はiPadに直接料理本などをダウンロードすることができる。

AllRecipesのプレジデントであるLisa Sharplesも、iPadがキッチン用の「キラー端末」になり得ると期待している。AllRecipesが行った調査によれば5人に1人がキッチンにノートパソコンを持ち込んでいるとのことだ。しかしキッチンとノートPCの組み合わせはいかにもまずい。キーボードに何かをこぼしただけで重大事となり得る。iPodなら画面にカバーを付けて、スタンドに立てておくこともできる。キッチンのカオスの中で安心して利用できるというわけだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)