GoogleのCEO、Eric Schmidtの1986頃(笑)

次の記事

起業家を育てることはできるか?

この話はしばらく前から話題になっていたらしいが、われわれは今知ったところだ。1986年のテレビの録画で、当時30代くらいだったEric Schmidtが驚くべきスタイルで写っている。 バカでかいメガネがその時代を思わせるが、気弱げな笑顔と合せて、かのGoogleのCEOが今われわれが想像する以上の重度の「コンピュータおたく」だったことを暴露している。洒落たロフトに住んで学校にも行かず身だしなみにばかり気を使っているサンフランシスコのプログラマーたちは爪のアカでも飲んだ方がいい。

もっとも2年後にはSchmidtもだいぶ企業幹部らしく見えるようになっていた〔スピーチのレッスン中のプライベートビデオ。Schmidt自身が公開したという〕。しかし1986年のオタクなEricはクールだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01