Google、SearchWikiを安楽死、代わりにすてきなスターを登用

次の記事

コルベア・レポートがHuluから消える―ウェブビデオに制作者側での配信一元化の動き

ご存じのとおり、検索のパーソナル化はGoogleが強く意識しているテーマだ。今日(米国時間3/3)検索の巨人は、ユーザーが検索結果を覚えておくためにマークを付ける新機能であるスター方式を公開した。ユーザーが検索結果を見て重要だと思えば、項目の横にあるスター印をクリックしてマークすることができる。次にこのスター付項目に関係のある検索をした時には、結果ページトップの専用リストにその項目が表示される。

この機能は今から数日のうちに順次公開される予定で、Googleアカウントにログインしているユーザーが利用できる。ユーザーは気に入った検索結果にスターを付ければ、覚えておかなくても後から簡単に見つけられるようになるとGoogleは言っている。Googleはスター付き検索結果を記憶しておき、必要な時にそれを表示するという重労働をこなすことになる。スターはGoogleブックマーク、Googleツールバーとも同期していて、スター付き項目の全リストを見ることもできる。スターはウェブをブラウズしながらページにしるしを付けるのにも使える。ツールバー上のスターアイコンをクリックしてブックマークを作れば、スター付項目一覧に表示されるようになる。

Googleによるとこの検索スター方式は、われわれが好きになれなかったあのSearchWikiに代わるものだという。Searchwikiは、ユーザーが検索結果にランク付け、削除、追加、コメントなどをすることで検索をカスタマイズできるというものだった。われわれ以外にも同じことを感じていた人たちがいたようで、Googleの「オーガニック検索」の順番を変えることをユーザーは喜んでいなかった、とGoogleは言っていた。スター方式はもっと簡単に検索結果をパーソナル化しようという試みと思われる。これまでにSearchWikiを使っていたユーザーは、操作結果がGoogleアカウントに残っているとのこと。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)