fiverr

5ドルであなたなら何をする?–お助けサイトFiverrは売り手も買い手も楽しめる

次の記事

スマートフォンのアプリケーションは2013年に世界全体で$15B売れる(2009の10倍近い)

Fiverrは5ドルで人助けをするサイトだ。誰もが仕事を登録でき、誰もが何かを助けてもらえる。お値段は何でも5ドルで、前金制だ。5ドルのうちの1ドルをFiverrが取る。

仕事は、WordPressをサーバにインストールしてあげる、タロットカードを読んであげるロマンチックな詞を書くなど、いろいろだ。仕事は、Funny(おもしろい)、Bizarre(奇抜)、Social Marketing(ソーシャルマーケティング)、Graphics(グラフィクス)、Writing(代筆)、Technology(テクノロジ)、Business(ビジネス)、Silly Stuff(おばか)、Programming(プログラミング)といったカテゴリーに分類されている。

アイデアはちょっといけてるし、しかも楽しめる。仕事の結果に十分満足できないこともあるだろうが、5ドルだからまあ許せるだろう。サイトには仕事を買った人からのフィードバックも載っている。もちろん仕事の結果の評価が良かったら、売った人のスコアが上がる。すると次第に、お客さんも増えるというわけ!

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))