Microsoft ExchangeからGoogle Appsへの集団移行を超やさしくするツールが登場

次の記事

天文学入門アプリWorldwide TelescopeがBing Mapsから利用できる–子どもに星座を教えたい人はぜひ

GoogleがオフィスソフトのマーケットシェアをMicrosoftからもぎ取ろうとしていることは、疑いの余地がない。昨年Googleは、Googleの企業向けアプリ…Gmail、アドレス帳、カレンダーなど…をMicrosoftのOutlookと同期するためのプラグインを発表した。さらに最近GoogleはDocverseを買収して、ユーザがMicrosoft Officeの文書上で直接コラボレーションできることを目指している。そして今日(米国時間3/17)Googleは、Microsoft ExchangeからGoogle Appsへの移行を簡易化するツールによって、さらにMicrosoftに痛いパンチを食らわせようとしている。

今回発表された<Google Apps Migration for Microsoft Exchange>は、Microsoftのメールサーバ製品であるMicrosoft Exchangeから、企業のメール、カレンダー、連絡先データなどをGoogle Appsに移行させるサーバサイドツールだ。企業のIT管理者は、このツールを使って同時に数百人のメール、カレンダー等々を段階的に容易に移行できる。しかも社員たちは、移行中でもExchangeを何の妨げもなく使い続けることができる。ツールはExchange 2003と2007に対応し、それらの社内稼働と遠隔サーバ上の両方の形式で利用でき、Google Appsのエンタプライズバージョンと教育用バージョンで提供される。

明らかにこれは、クラウド上ではない場合もあるMicrosoft製品、たとえばExchangeから、クラウド上のGoogle Appsに移行することがいかに簡単であるかを、企業に見せつけることが目的だ。GoogleのプロダクトマネージャMatt Glotzbachによれば、顧客企業のGoogle Appsへの切り換えをできるだけ簡単にすることと、中でもとくにメール等でExchangeを使っている企業が多いことに着目したとのことだ。Googleはこれと併せて、<Google Apps Migrator for Lotus Notes>と<Connector for BlackBerry Enterprise Server>を立ち上げた。

Google Appsは着実に成長してきた。すでに2500万人がAppsの製品のどれかを使っている。企業数は、スタートアップや小企業からFortune 500企業までを含めて200万社にのぼる。そしてGoogleは最近、クラウド上の企業アプリのアプリケーションストアとしてGoogle Apps Marketplaceを立ち上げることにより、Google Appsを中心とする強力なエコシステムを構築中だ〔関連記事〕。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))