Googleマップ、ホテル価格情報の掲載をテスト中。旅行サービス参入への布石か?

次の記事

世界のスマートフォンのトラフィック、50%がiPhone、Androidが急成長(AdMob調べ)

ウェブを使ってバケーションの予定を立てようとすると、ホテルのレビューサイト、予約サービスサイト、それから実際の場所を確認するためにGoogleマップを開いていくつものタブをうろうろすることになりがちだ。Googleは、Googleマップでホテルを検索する際、表示される一覧に価格情報を併せて掲載する仕組みを発表した。これによりプランニング作業が多少らくになる。

ブログ記事によると、この機能はごく限られた人に対してのみ限定公開中だとのことだ。この機能が表示されていない人の方が多いとのこと。また、一部の広告提供者についてテストを行っている段階であり、価格が表示されるホテルも一部に過ぎないとのこと。価格は地図上のホテルリストの横に表示される。表示される価格をクリックすると、どのトラベルサイトで提供されている価格なのかを確認することができるようになっている(掲載画像内のものはPricelineとExpediaからの情報となっている)。尚、この新機能によって掲載リストの並び順が変更されることはないとしている。これまで掲載されていたものに、ただ価格情報を付け加えただけだとのことだ。

今回のテストがうまく機能するのなら、さらにいろいろと旅行関連の機能がGoogleマップに付け加えられることとなるのではなかろうか。利用者を一気に増やす金鉱を掘り当てるということになるのかもしれない。もちろん他の多くのサイトが既に同様のサービスを展開してはいるが、正確な場所の確認にはGoogleマップを使う人が多い。ここに機能を追加すれば人気を集めることになるだろう。

尚、Googleが旅行関係の機能に手をだすのは今回が初めてのことではない。昨年夏にはCity Toursという機能も発表している。そちらは旅行先での訪問先リストを自動で作成してくれるというサービスだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)