世界のスマートフォンのトラフィック、50%がiPhone、Androidが急成長(AdMob調べ)

次の記事

閲覧回数10億回を超えたLady Gaga(1億ビューを超えるビデオの一覧と傾向)

AdMobが発表した統計によると、同社の取り扱った今年2月の広告(全世界ベース)のうち、スマートフォンのシェアが48%を占めたという。前年同月のシェアは35%だった。スマートフォンのうちで首位はiPhone OSで、昨年2月の33%から今年の2月は50%に増加している。 一方で成長がもっとも著しかったのはAndroid OSだった。

逆にシェアをもっとも減らしたのはSymbianで、昨年2月は43%だったのが、今年2月にはわずか18%に低下した。

またAdMobによれば、モバイル・インターネット機器が一般携帯やスマートフォンを上回る成長をみせたという。今年2月にはAdMobの全取扱い広告のうち、17%を占めるまでになった。このトラフィックの大半はiPod touchによるものだが、Sony PSPやNintendo DSiからのトラフィックもこれに続いた。

ちなみに、AdMobではスマートフォンを「特定可能なOSを搭載した携帯電話」と定義している。また一般携帯は「スマートフォン以外の携帯電話」、モバイル・インターネット機器は「モバイルでウェブにアクセス可能であるが、携帯電話網には接続できないハンドヘルド機器」と定義している。

2010年2月のAdMobモバイル統計レポート (PDF)のハイライト―

– Symbian’sの広告シェアは2009年2月の43%から、今年2月は18%にダウン
– Androidは2009年2月の2%から今年2月は24%にアップ
– 世界でのAndroid携帯のトラフィックのトップ5は、Motorola Droid、HTC Dream、HTC Hero、HTC Magic、Motorola CLIQ
– GoogleのNexus Oneのトラフィックはわずか1%
– 一般携帯のトップメーカーは、Samsung、Nokia、Sony Ericsson、Motorola、LG

プレスリリースより)

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01