リアルタイムで位置情報登録の様子を眺めてみる:SXSWでの様子はこんな風だった

次の記事

CTIA 2010はAndroid一色–各社いよいよ本腰だ

SXSW開幕直前のテキサス州オースチンでを舞台に、SimpleGeoが位置情報サービスデータを視覚化するツールを発表した記事はお読みになられただろうか。名前はVicarious.lyだ。このツールはオースチンにて登録される位置情報データをリアルタイムでSimpleGeoに集約して、その位置を表示するというものだった。データはfoursquare、Gowalla、Flickrのジオタグ情報、およびTwitterのジオタグ情報を対象としている。Vicarious.lyの表示をリアルタイムで見るのはなかなか面白いものだった。しかし、あとでまとめて振り返ってみるのもきっと面白いに違いない。そう考えているとSimpleGeoが1週間分のデータ(3月11日から3月17日)をまとめて閲覧できるようにしてくれた。

このSimpleGeoの動画を見ればわかるように、foursquareとGowallaのデータが他を圧倒している。これこそ、以前に記事でも扱った両者間のデッドヒートを示すものだ。早朝の時間帯には皆が寝静まり、そして午前8時になると二日酔いの身体を引きずってコンベンションセンターに出かけている様子がわかるのも面白い。



原文へ

(翻訳:Maeda, H)