enTourage
dualbook

eDGe〔エッジ〕の「デュアルブック」はユニークなコンセプト―欠点を解消すれば大きな期待がもてる

次の記事

Facebookがグローバル事業を一斉に強化–元BeboのCEO Joanna ShieldsはEMEA担当副社長に


enTourageのeDGe 「デュアルブック」をeブックリーダーにネットブックを合体させただけのデバイスと呼ぶのは肝心の点を見過ごしていると私は思う。eDGe〔エッジ〕はこれ自身で独自のカテゴリーをなす製品だ。eブックリーダー単体、ネットブック単体よりはるかにパワフルなのだ。そういうユニークなジャンルのパイオニアだけに、現状ではかなり大きな問題をいくつか抱えているのも事実だが、全体としてみるとデュアルブックというコンセプトは素晴らしい。さまざまなコンテンツにアクセスする魅力的な新しいアプローチの可能性を見せてくれるテクノロジーだ。Devin Coldewayの最近の記事は否定的だったが、私は大いに感心した。

レビューの要約
enTourage eDGeは使いやすく、役に立つデバイスだ。非常にユニークな製品なので既存のジャンルには当てはまらない。主要なターゲットは学生や教員などアカデミック関係者だろう。長時間読書をし、eブックリーダーとネットブックを別々に使うこと不便を感じている層だ。現状ではいくつかの大きな欠点があるものの、新たなコンセプトのデバイスの第一世代としては非常に価値の高い製品に仕上がっている。

仕様
eDGeは2つ折になる。左半分がeブックリーダー。

  • 9.7 インチ・ディスプレイ
  • 1200 x 825 ピクセル
  • e-Ink テクノロジーを利用
  • タッチスクリーン(文字やスケッチを手書きできる)

右半分がAndroid OSを採用したタッチスクリーン・ネットブック

  • 10.1 インチ・ディスプレイ
  • 1024 x 600 ピクセル
  • 録音機能あり
  • ビデオカメラはMP4、3GPで静止画、動画を録画できる
  • 横位置、縦位置を切り替え可能

その他の機能

  • USB x 2、SDカードスロット x 1
  • eDGeを別のコンピュータの大容量外部記憶装置として接続できるUSBポート x 1
  • WiFiとBluetooth
  • ユーザーが交換できるバッテリー
  • 希望小売価格 $499

良い点

  • e-inkのディスプレイは非常に目にやさしい。
  • タッチスクリーン・ノートは使いやすい。
  • バッテリー寿命は良好。
  • OSがAndroidだ!

欠点

  • ブートが遅い。
  • 現状ではAndroidマーケットに直接アクセスできない。
  • 現状ではeDGeブックストアが使いにくい。

以下にこの新しいコンセプトのデバイスの優れた点をおさめた14分のビデオをエンベッドしておく。



詳細レポート

〔以下原文へ。筆者は、欠点として上記の他に、「現状ではファイルのアップロード機能がない」ことを挙げている。大学などで利用するには大きな欠点になる。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01