pixlr
dropico media
dropico

Dropico、ドラッグ&ドロップで各種写真共有サイトを利用するアプリケーションを一般公開

次の記事

Kid Pixの発展的後継? FreshPlanet、$1.5Mの資金を調達してiPad用教育ゲームのRed Fishをリリース

世界中で猫も杓子もiPadの話題で盛り上がっている。iPadよりもオープンな環境向けに発表されているアプリケーションを紹介してみよう。ちなみに、その「オープンな環境」とはもちろんWorld Wide Webのことだ。

今回紹介するDropicoについては、まだプライベートベータのころに紹介したことがある。なかなかの評判を博したようだった。そのDropicoが公開版となったのだ。

ユーザ登録をしてDropicoにログインすると、写真共有を行う各種メジャーサービスがリストアップされる。予め登録されているのはFlickr、Facebook、Twitter向けの写真共有サービス各種、MySpace、Photobucket、Picasa等だ(自身でサービスを提供している人は、リストに掲載してもらうよう、申込むこともできる)。Dropicoのメイン画面からリスト中のサービスに接続すれば、写真やアルバムが別フレームに表示され、ドラッグ&ドロップで写真の受け渡しをすることができるようになる。

Dropicoはこのサービスを名づけて「cloud to cloud」と呼んでいる。これを使って一箇所の写真やアルバムをさまざまな環境で利用することができる。また、このサービスはサードパーティーでも利用できるようになっている。たとえばネットワークから即時に編集作業が行えるPixlrとの統合環境が既に実用に供されている。

尚、DropicoはプラットフォームをOEM版でも提供している。Dropicoの見込みとしては、ストレージや印刷サービスを提供している企業に利用してもらえると考えているようだ。またモバイルでの運用を行う社内ソリューションでも利用できるだろうとしている。

ちなみにこれからの機能追加予定についても教えてくれたので報告しておこう。次期バージョンでは、各種ソーシャルネットワークサイトおよび写真共有サイトを使っている他ユーザのデータをストリーミング表示したり、特定のアルバムを他の利用者と共有したりできるようにするとのことだ。また、ビデオや他のドキュメントについてもドラッグ&ドロップで共有できるようにするらしい。

またiPhone版アプリケーションについても作業中で、もちろんiPad版も進行中だ。

ぜひ利用してみて感想を教えていただきたい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)