Appleと互角に戦えるのはAmazonか, Sonyか, それともGoogleか?

次の記事

エンタープライズソフトウェア業界再編か?

iPad 1.0を買う気のない人が一人いる: Forrester ResearchのVP、James McQuiveyだ。彼はAppleのこの新製品にあまり感動していないし、もし買うとしても次世代機の出る2011年以降だと言ってる。iPadをもてはやす人たちは“Kindleキラー”だと騒いでいるが、彼はまだAmazonを熱愛している。

彼は自分のブログで、AmazonのビジネスモデルがiPadに脅かされることはない、なぜなら“Amazonはeリーダーに関して顧客と長期的な関係を築いており、デバイスよりもコンテンツを今後もずっと買ってもらえることに関心がある”、と論じている。そういう意味では、iPadとの競合にもろさらされるのは、AmazonよりもむしろSonyGoogleだ、と彼は見ている。



彼によれば、iPadの本当の競争相手として、“すぐに頭に浮かぶのは、近いうちに優れたタブレット機を出してくるに違いないDell、HP、Lenovoなどだ。彼らにとっては、キーボードのないノートブックやネットブックという位置づけだろうが…。しかしそんなハード寄りの視点でなく、iPadの本領であるメディアの土俵で戦えるのはSonyだ。Sonyには、Vaioがあり、テレビがあり、売上2位のeリーダーがある。これらのほかにさらに、ゲーム、音楽、ビデオなどの分野でも既存の資産がある。過去に、どれもこれもうまくいったわけではないが、今度のiPadとの戦いでは勝機もあるだろう。とくにeリーダーという戦場は、Amazonの例が示すように、企業として心身共に本腰を入れなければだめだ。中途半端では勝てない。Sony以外では、Googleも忘れてならない名前だ。とくに、携帯等のデバイスではAndroid、それ以外ではChrome OSと、二刀流のOS体制なのがGoogleの強みになるだろう。”

でも、Amazonは彼が言うほど盤石だろうか。Kindleを買おうと思っていた人の何割かは、きっとApple側に寝返るだろう。それを防ぐためには、Kindleは価格を相当下げる必要がある(McQuiveyも値下げを期待している)。しかしKindleの価格が今の259ドルから100ドルに下がったとしても、それは電子レンジvsシステムキッチンみたいな戦いになるのではないか。499ドルで何でも揃ったシステムキッチンを買えるのに、電子レンジだけに100ドルを投じるだろうか? iPadには、eリーダーソフトだけでなく、メールもインターネットもマルチメディアもそれにApp Storeもある。私もKindleには満足しているし、e-inkの画面は好きだ。でも、もっと多機能な製品が買えるのなら、あっさりと無視してしまうかもしれない。

McQuiveyによれば、Kindleの次世代機は多機能化し、Amazonのいろんなサービスや機能を使えるようになるらしい(最近Touchcoを買収したりKindleのSDKを発表したりしているからその気配は濃厚)。でも果たして、AmazonはiPadに匹敵するほどのアプリケーションストアを作れるだろうか?

[画像: flickr/d2digital]

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))