Google Labsに広告用Labsも登場

次の記事

Google、GmailにBuzz機能を追加

Googleが新しいコンシューマー向けプロダクトをリリースする場合、まずはGoogle Labsで発表するケースが多い。テスト中のプロダクトなどが登録されることもある。Gmail、Calendar、Maps、Search、およびYouTubeにはそれぞれ独立したLabsが用意されている(名前は「experiments」だったり「TestTube」だったりいろいろだ)。そして先日、GoogleはGoogle Ads用のLabsを開設した。Ad Innovationsという名前で、広告主はここでいろいろなマーケティングツールを試すことができるようになっている。

ここで利用できる代表的ツールには、新たに提供を開始した広告再マーケティングというものもある。閲覧者がある広告主の広告を見た後に、Googleが広告を提供している他サイトを閲覧した際に同じ広告を表示するというものだ。他にAd InnovationsページでハイライトされているのはSearch Funnelsという新しい分析ツールだ。このツールはクリックされるにいたった広告に対するアクション履歴を表示する。つまりオンライン広告業界は、すぐにクリックされなかった広告でも、コンバージョンにつながるきっかけになったことを証明しようとしている。そしてSearch Funnlesは、その目的に資するためにGoogleが用意したツールであるわけだ。ちなみにAd Innovationsのページには「Product Listing Ads」、YouTube用に用意された広告群、モバイルようにclick-to-call広告なども掲載されている。

Googleが広告製品向けにLabsを用意するのは、まあ納得のいくことだ。ただ、どの広告で成果が出るのかが明らかになれば、成果のでないものについてはさっさと消してしまって欲しい。このLabsの存在目的が結局は利益をあげることにあることを忘れないで欲しい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)