diyseo

中小企業向けSEOサービスを展開するDIYSEO、$1Mを調達してサービスの一般提供を開始

次の記事

日本発のCacooは複数ユーザーがリアルタイムで協調しながらデザイン作業ができるすぐれもの

Text Link Adsの創立者であるPatrick Gavinが新しく立ち上げたDIYSEOについては昨年記事を掲載している。当時、サービスは非公開で運営されていた。同サービスが対象とするのは広告予算が$500程度で、オンラインマーケティングやSEO業務に年間で25人時程度しか費やすことのできない小規模事業者だ。そのDIYSEOがエンジェル投資家から$1M(100万ドル)を調達して、サービスを公開することとなった。サービス内容をひとことで言えば、スモールビジネス向けに半ば自動化したカスタムSEOツールといったところだ。

このサービスを活用したいと考えるのはウェブ関係にあまりリソースを避くことのできない中小企業ということになるだろう。不動産業者、小規模カーディーラー、レストラン、弁護士、非常勤アントレプレナーなどが対象となるだろうか。利用価格は月額$49。まず利用者がアンケートに答えるところから始まる。アンケートの質問はビジネスの特徴や競合先の情報等に関するものだ。この回答に基づいてDIYSEOはキーワードレコメンデーション、推奨リンク先、その他のSEO関連情報を提供する。ここで提案された基本的なSEOテクニックを採用するもよし、あるいはさらに詳細なSEOサービスを求めることもできる。

この数カ月、DIYSEOはプライベートベータでテストを重ねてきた。創立者のPatrick Gavinによれば、サービスは使い易いと好意的な評価を得てきたとのこと。ちなみにこのGavinはSEOサービスの世界で経験を重ねている人物だ。Text Link Adsは2007年にMedia Whizによって買収されている。またDIYSEOは新たなCEOも発表した。Dan Olsonがその人で、検索キーワード広告の分野で経験を重ねてきた。検索キーワード広告を扱うPerformicsの立ち上げにも関わっており、その会社は2004年にDoubleClick、続いて2009年初頭にGoogleに買収され、さらに同年8月にはPublicis Groupeに売却されている。

SEOサービスを提供するDIYSEOには、もちろん大小様々、非常に多くの競合がある。たとえばConductorMarin Software、およびKenshooなどの名を挙げることができる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)