iPhone版PayPalアプリケーション、リリース3週間で100万ダウンロードを達成

次の記事

ソーシャルネットワークのBebo、AOLにとっては既に「過去の想い出」

Ecommerce界の巨人であるeBayが、モバイル界でも偉業を成し遂げた。傘下で電子支払いサービスを行っているPayPalが、全世界で大ブレイクしているようなのだ。

今やPayPalのアカウントは世界中24の通貨圏における190のマーケットにて8100万を数えるまでになっている。そのPayPalが発表した新しいiPhone用アプリケーション(iTunesリンクはこちら)は、発表以来3週間足らずで、ダウンロード数が100万に達している

新しいiPhone版アプリケーションはPayPal Mobileと名付けられており、レストランでの割り勘や、イベント会費の徴収を行うことができ、月次払いのリマインダー機能や、寄附行為にも対応している。またアカウントを管理するための機能も備わっている。

またBump Technologiesとの連携により、iPhone同士をぶつける(bumping)ことで情報をやり取りして簡単に支払いを行うこともできるようになった。

PayPal Mobileは15ヶ国語に対応しており、また通貨換算の機能も持っている。App Storeに最初に登場したのは2008年中盤のことだ。このアプリケーションは無料で提供されている。

同アプリケーションは現在、Android版およびBlackberry版でも提供されているが、こちらの方についてはまだダウンロード数等については公開されていない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)