ニュース
3crowd

クラウド管理ツールの3Crowdが$6.6Mを調達–コンテンツの展開をウィザードを使って容易化

次の記事

bit.lyが月間34億クリックを記録、新機能も近々登場

クラウドから行う各種サービスのための管理ツールを提供する3Crowdが、Canaan PartnersStorm VenturesからシリーズAの資金調達として$6.62M(662万ドル)を獲得した。同社はその前にも、Jay Adelson、Kevin Rose、Storm Ventures、Greenwich Technology Associatesらから資金を調達したが、金額は公表されていない。

BitGravityの協同ファウンダBarrett Lyonが創業した3Crowdのツールは、コンテンツの配布などさまざまなクラウドサービスの充実した管理を提供するので、ユーザ企業は同時に複数のサービスを提供することが容易にできるようになる。

3Crowdはごく最近立ち上げられたばかりのスタートアップだが、ここのサービスによりユーザは複数のCDS(content delivery systems, コンテンツ配布システム)にまたがるコンテンツの管理を、同時にできるようになる。そのために3Crowdのサービスは、ユーザの位置や、ユーザが今どのコンテンツにアクセスしているかなど、いくつかの変数に基づくルールによって、CDSとユーザとの組み合わせを決定する。また、3Crowdのサービスを使うと、複数のCDSの展開も容易である。たとえばCDSに対するアカウントの設定などを、ウィザードを使って行える。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))