rabbitmq
rabbit technologies

JavaアプリフレームワークSpringがRabbit Technologiesを買収して‘クラウドフレームワーク’への成長を目指す

次の記事

Apache Hadoopベースのデータ分析プラットホームDatameerが$2.5Mを調達

Javaアプリケーションのためのインフラと管理ソリューションを提供するSpringSourceは、昨年VMware買収されたが、今朝(米国時間4/13)はそれ自身がイギリスのオープンソースソフトウェア企業Rabbit Technologies買収すると発表した。

買収金額等は公表されていないが、SpringSourceによれば、同社の一連のテクノロジにこれからはオープンメッセージングシステムRabbitMQが加わる。

またVMwareによれば、今回のSpring Frameworkとの明確な統合化により、Springを使うデベロッパのコミュニティはRabbitMQを活用することによって、自分たちのアプリケーションを従来のデータセンターからプライベートまたはパブリックなクラウドへと展開できるようになる。

RabbitMQは今後もオープンソースであり続けるが、SpringSourceがRabbitMQのデベロッパコミュニティをサポートしていくことになる。

Rabbit Technologiesは2007年2月に創業された。同社は、イギリスのソフトウェアコンサルタント企業LShiftと、合衆国の仮想化およびクラウドコンピューティング企業Cohesive FTからのスピンオフだ。

これは、SpringSourceにとって初めての企業買収ではない。2009年8月には、VMwareに買収された数日後に、JavaのPaaSプロバイダCloud Foundryを買収している。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))