Googleは全プリンタ(既存のものも!)をWebプリンタとして標準化統一化することを目指す

次の記事

火山灰のおかげでイギリス上空から飛行機が消えた–ライブ画像を見せてくれるFlightRadar24

GoogleのChrome OSは今年中に出る予定だが、完全にブラウザだけをベースとするコンピュータを一体どうやって使うのか、疑問は山のようにある。たとえばこのOSが発表されたときには、印刷はどうやるのかという質問があった。Googleがそのソリューションを、Chromiumのブログで説明している: “クラウドから印刷する”のだ。

Googleが最近発表したGoogle Cloud Printプロジェクトは、“プリンタが世界のどこにあっても、それに対しどんなデバイス上のどんなアプリケーション(Web、デスクトップ、またはモバイル)からでも印刷ができる”状態の実現を目指す。言い換えるとユーザのコンピュータやデバイスはCloud Printに印刷したいものを単純に指定し、Cloud Printがその命令をユーザのプリンタに送る。プリンタのドライバは要らない。

Googleはこのプロジェクトの最初のドキュメンテーションをここに提供している。それによれば、ネイティブであれWebベースであれ、どんなアプリケーションでも、Cloud PrintをそのAPIから利用できる(アプリはプリントジョブを送りそのステータスをチェックする)。アプリケーションがサービスと対話するための標準の印刷ダイアログが、”Web UI”として提供される。

ただし大きな問題は、Google Cloud Printとプリンタとの対話のやり方だ。これに対して、Googleのソリューションは2つ。まず長期的には、業界にクラウドプリンティングのためのオープンな規格を採用してもらい、その規格を実装した‘クラウド対応’プリンタを各社に作ってもらう。つまりプリンタがWebにアクセスして、しかもGoogleのサーバと通信するソフトを内蔵している。

第二のソリューションは’レガシープリンタ’用だ(それは今あるプリンタのすべて…EthernetやWifi接続のものも含む)。Googleの計画では、それらのプリンタが接続されているPC用にソフトを提供し、ユーザはそれをインストールする。Googleは今、このプロキシソフトのWindows用を開発中で、MacやLinux用ももちろん作る。ソフトをインストールするといっても、実はGoogle Chromeには最初からある(デフォルトではoffだが)。Googleの期待としては、プリンタがネットワークプリンタでルータがそのソフトを内蔵すれば、ユーザがいちいちコンピュータをonにしなくてもすむようになる。

そのほかの重要なポイント: Google自身はCloud Printサービスを提供するが、Googleとしてはオープンなスタンダードに基づく類似サービスが多数出現することを期待している。しかもそれはコンピュータだけが対象ではなく、携帯でもタブレットでも、なにしろWebにアクセスできるデバイスなら何にでも対応できる。うーん、なんだか楽しみだね。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))