Apple、iPadを100万台販売、3Gモデルは先週末だけで推定30万台

次の記事

ビデオエンコーディングの覇権争いはH264の圧勝? 全ウェブビデオ中66%がH.264フォーマットを採用

先週末キミやボクはいくつ物を売っただろうか。クッキー3枚? ガレージセールで何か売った? Piper Jaffrayの筆頭Apple予言者Gene Munsterによると、先週末AppleはiPad 3Gを30万台売ったらしい。この推定は48店舗への電話調査に基づくものだ。これはiPad 3GがWi-Fiバージョンと同じかそれ以上に好調だということを意味している。

これをなぞるように、5月3日にAppleは、同社がiPadを4月の発売以来100万台販売したと発表した。

「28日間で100万台のiPad ― これはiPhoneがこの節目に到るのに要した74日間の半分以下です」Apple CEO Steve Jobsが語る。「今でも需要が供給を上回っているので、この魔法の製品をさらに多くのお客様に届けるべく必死で取り組んでいます」。

Munsterは、最終的にiPadは2010年中に430万台売れるだろうと予測している。

Apple、iPadを100万台販売

カリフォルニア州クパティーノ発、2010年5月3日 ― 本日Appleは、4月30日金曜日に100万台目のiPadを販売したことを発表した。これは4月3日の発売以来わずか28日後のことだ。iPadユーザーはこれまでにApp Storeから1200万本以上のアプリを、新しいiBookstoreから150万冊以上の電子書籍をダウンロードしている。

「28日間で100万台のiPad ― これはiPhoneがこの節目に到るのに要した74日間の半分以下です」Apple CEO Steve Jobsが語る。「今でも需要が供給を上回っているので、この魔法の製品をさらに多くのお客様に届けるべく必死で取り組んでいます」。

iPadなら、ユーザーはこれまでになく簡単に楽しくアプリやコンテンツを使うことができます。ウェブをブラウズしたり、メールを送受信したり、写真を見たり共有したり、HDビデオを見たり、音楽を聴いたり、ゲームをプレイしたり、電子書籍を読んだり、まだまだ多くのことが、iPadの革新的Multi-Touch™ユーザーインターフェースを通じて行えます。iPadは厚さ0.5インチ(1.27cm)、重さわずか1.5ポンド(670g)と、どのノートPCやネットブックよりも薄くて軽く、バッテリー寿命は最大10時間です。(*)

デベロッパーたちによって、Multi-Touchユーザーインターフェースを活用した新くてエキサイティングなアプリが5000種類以上作られています。iPadはApp Storeにある20万種類を超えるアプリのほぼすべてが動作し、iPhoneまたはiPod Touch用に既に購入したアプリも利用できます。

(*)バッテリー寿命はデバイスの設定、利用状況等の条件に依存します。実際の結果は異なる場合があります。

Appleは、Apple IIでパーソナルコンピューター革命に火を付け、Macintoshでパーソナルコンピューターを再発明しました。その後もAppleは、定評あるコンピューター製品、OS Xオペレーティングシステム、iLife、iWorkやプロ用アプリケーション等で業界をリードし続けています。Appleはデジタル音楽革命をiPodとiTunesオンラインストアでリードし、革命的なiPhoneおよびApp Storeによって携帯電話を再発明し、最近ではiPadで未来のモバイルメディアとコンピューター機器を規定しようとしています。

via Appleinsider

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)