Ning

SNSホストサービス、Ning、有料モデルをスタート

次の記事

パイを焼いてブログに貼ろう―Twitterのツイート・エンベッド・ツールはブラックバード・パイ Blackbird Pie という

ソーシャルネットワークプラットフォームを提供するNingにとってこの2ヶ月は波乱ぶくみだった。3月に長年CEOを務めてきたGina Bianchiniが去り、新たにCOOのJason RosenthalがCEOに就任した。3週間前にはついにNingのバブルが破裂し、 社員の40%をレイオフすると同時に無料サービスを中止した。今日(米国時間5/4)、Ningは新しくいくつかの有料モデルを発表した―Ning Pro、Ning Plus、Ning Miniだ。

Ningは有料化に伴って広告リンクの挿入を中止し、広告はNingから完全に一掃される。ユーザーが自分のサイトで独自の広告掲載を行うのは自由だ。NingはNing IDの提供も中止する。ユーザーはFacebookまたはTwitterを利用したサインインを選択することができる。デスクトップおよび携帯アプリの開発のためのAPIへのアクセスも用意される。各ユーザーのホームページに設置できるテキストボックスの数も増加し、RSSモジュールも追加された。ヘッダー、フッターのカスタマイズ、プレミアム・コンテンツへのアクセスも改良された。また有料会員制の導入や寄付の受け入れが可能になった。トラフィックや会員属性の分析などの統計機能も提供される。Ningの有料プランは月$3から月$50までの3段階とされた。以下に内容を紹介する。

* Ning Pro: Ning Proネットワークは、会員数無制限で、ブランドの完全なカスタマイズ、音楽ファイルのアップロードやカスタマイズされたプレイヤーなど、各種マルチメディア機能、その他高度なカスタマイズ機能が提供される。月$49.95ないし、年$499.95。

* Ning Plus: Ning Plusネットワークは、会員数無制限、ブランドの完全なカスタマイズ、イベント、グループ、チャットなどのページ、Ningアプリがサポートされる。またCSSのカスタマイズ、Javascriptの追加、言語エディタの利用などが可能。価格は月$19.95ないし、年$199.95。

* Ning Mini: このネットワークの場合、Ningのベーシックな機能、ブログ、写真掲載、ビデオのエンベッドにアクセスが可能だ。またユーザーは独自の広告を掲載できる。価格は月$2.95ないし、年$19.95。

6月にはこれらの有料プランが実際に利用できるようになるよう予定されている。Ningではこうした3タイプの有料モデルによってユーザーは適切なタイプを利用でき、結果的に費用の節約にもつながるとしている。たとえば、現在の有料モデルは月$55で独自ドメイン、広告削除、ユーザー独自広告の掲出などが可能だ。一方新たなNing Plusで月$19.95の料金で同じ機能が利用できる。また年会費一括払いによる割引も受けられる。既存のNingの無料ユーザーが他のネットワークに移転を希望する場合は、コンテンツのエクスポートのためのツールが提供される。

Ningはまた教育企業と提携してNing Miniネットワークを初等、中等教育の場に無料で導入しようと試みている。この提携に関しては近々詳しい情報が発表される予定。

CEOのRosenthalは、「現在でも75%のトラフィックが有料プレミアム・サービスから来ている。われわれは新しい有料モデルがユーザーのさまざまなニーズを適切に満たすものになると確信している。有料モデルはNingに安定した収入をもたらす」と語った。Rosenthalはまた「ユーザーと広告掲載料金を折半する新しい広告モデルをこの数カ月y以内に発表する予定だ。有料定期購読制のDIYソーシャル・ネットワークの市場規模は$4B(40億ドル)以上になる。新しい有料モデルの提供により、Ningはこの分野でもっとも重要なプレイヤーの一つになるだろう」と述べた。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01