Yahooに来るiPadユーザーの66%が男性、10%が海外から、そしてFlickrが大好き

次の記事

[jp] オープン3カ月で11万ライブ達成のTwitCasting。目指すのはリアルタイムインフラだ

一体誰があれだけのiPadを買っているのだろう。Yahooユーザーが一般大衆を概ね代表していると考えるなら(ウェブ最大級のサイトであることを踏まえると、かなり近いだろう)、YahooのiPadによる訪問者を見れば平均的iPadユーザーの断片を捉えることができる。違うかもしれないが。ともあれ、Yahooがやったのはまさにそれで、調査結果を同社のモバイルブログに載せている。

かくして、Yahooを訪問したiPadオーナー(何らかの逆淘汰があるかもしれない。意味わかるよね)を見る限り、その66%は男性で、35~44歳が多く、Flickr、Yahooファイナンス、ニュース、スポーツが大好きな人たちだ。事実彼らはFlickrを平均ユーザーの2.4倍訪れている(iPadがビジュアル主体であることを考えれば納得できる)。また、Yahooのファイナンス、スポーツ、ニュースの各セクションを、平均ユーザーの2倍訪れている。結論:iPadはメディア消費に絶大な効果をもたらす。前からわかっていたことだが、何らかの数字で裏付けられるのは良いことだ。

また、YahooのiPadトラフィックの10%が、未たiPadを売ってさえいない海外からだった。誰だ、ヨーロッパにiPadを密輸しているのは?!

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)