Twitter、混乱―バグフィックスの過程でフォロワーがゼロに

次の記事

マイクロソフトのソーシャルアグリゲーター実験、Spindexの続報

今日(米国時間5/10)はTwitterが散々だ。まず、TCヨーロッパのMike Butcherが「他のユーザーを強制的にフォローさせることができるバグ」を報じた。すると次に全員のフォロワー数が―一時的にだが―ゼロに戻ってしまった。

この記事を書いている時点でTechCrunchのTwitterアカウントを見ると、「フォローしている」も「フォローされている」もゼロになっている。今朝は140万弱だったのだからえらい減りようだ。全員のアカウントでこの現象が起きているようだ。最初に報じたバグを修正する過程で起きた一時的現象らしい。ツイートは正常に投稿できるようなので、皆さんは落ち着いてバグ修正が終わるのを待てばよいだろう。

さてフォロワーが戻ったときに何人になっているか興味がある。

アップデート:Twitterではこの現象に気付いており、対応中とのことだ

われわれは「他のユーザーを強制的にフォローさせる」ことができるバグに気づき、すでに修正ずみです。現在このバグを利用して不当にフォロワーが増やされる前の状態にロールバックさせるための作業を行っています。「フォロワーしている/フォローされている」人数が現在いずれもゼロになっていますが、この点についてもすぐに正常に戻せる見込みです。

〔訳注:現在は正常な状態に復帰しているもよう〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01