GoogleのNexus Oneストアが閉店へ–各キャリアのAndroid採用促進を優先

次の記事

Chrome OSの開発は快速–しかし完成はまだまだ(最新進捗報告)

Googleが自社製のAndroid携帯電話Nexus Oneを発売したとき、同時にそのNexus Oneと将来のAndroid携帯電話を売るためのオンラインストアを開店した。それは、携帯電話の購入を特定のキャリアから切り離すという、やや革命的なやり方だった。顧客は、好きな機種と好きなプランを選び、その二つを満たすキャリアと契約すればよい。

しかし、そうはならなかった。キャリアは、機種と顧客を最初から支配下に置く従来のやり方に固執した。VerizonはNexus Oneを対応機種から外し、Android機としてHTCのDroid Incredibleを採用した。Googleのオンライン携帯電話ストアは失敗し、Googleは店を閉じると発表した:

全世界におけるAndroidプラットホームの採用は弊社の期待を上回っておりますが、Webストアは不調です。ストアは、新しいものが好きな人びとためのニッチ的な流通経路にとどまっており、一般の顧客は明らかに、買う前に電話機を実際に手にとって見ることと、より広範なサービスプランの中から選ぶことを望んでいます。

Nexus Oneは今後も、パートナーのキャリアから購入できる。しかしGoogleのオンラインストアは、全世界で今…キャリアから直接に…入手可能なAndroid携帯電話を展示する”オンラインのショウウィンドウ”になる。今のGoogleは、Appleと対抗するための手段をたくさん持っている。しかしもっと決定的に大勝するためには、多くのキャリアを味方に付けなければならない、というわけだね。

Nexus One(T-Mobile)を買える店。〕

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))