ブログをテキスト+画像でなくライブのビデオストリーミングでやるThisWeekIn

次の記事

Ustream Asiaがスタート, 日本語iPhoneアプリケーションも2つ発表

インターネットはついに、ライブのストリーミングビデオネットワークの時代に突入か? Jason Calacanisは、そうだよ!と言う。CalacanisとLAにいる彼の二人のトモダチ…Matt Coffin(LowerMyBillsのファウンダでごく最近DailyDを立ち上げた)とSky Dayton(Earthlink、Boingo、Helioのファウンダ)…が、Calacanisの最新プロジェクトThis Week Inに30万ドルを投資した。Weblogs Inc作ってその後AOLに売ったCalacanis(今はMahaloのCEO)は、かつてブログに対してやったことを、Web上のライブビデオでやりたい、と言う。

“やり方はWeblogs Incとまったく同じだ”、と彼は言う: “いろんな’番組’を放映し、大量の才能を発掘し、有望株に大きく賭けていく”。”ブログのビデオ化だよ。早い者勝ちだね”。

ThisWeekInには、すでに8つの’番組’があり、その2つはCalacanis自身の提供だ。1年前にCalacanisは自分自身の週刊ライブビデオトークショウを立ち上げ、それをThis Week In Startupsと呼んだ。Kevin Pollakのチャットショウもある…This Week In Twitter、This Week In iPad、This Week in Android、This Week In Venture Capital、などなど。もちろん、”This Week In”というありふれたネーミングを使っているライブビデオストリーミングのネットワークはほかにもある。Leo LaporteのThis Week In Techだ(TWiT.TVとも呼ばれる)。しかしCalacanisはそんなこと平気で、しかも、ほとんどの視聴者が気にしないだろう。

CalacanisはMahaloのCTO Mark JeffreyをThisWeekInのCEOに据えた。彼によれば、今ある番組全体で毎週45万のダウンロードまたはストリーミングがある。上位3つ(This Week In iPad、This Week in Startups、Kevin Pollack Chat Show)で10万に達する。ストリーミングはUstream.TVからライブで行われ、iTunes上のビデオポッドキャストとしても見れる。どの番組にも、スポンサーのコマーシャルが入る。

ThisWeekInは今後2年で番組を30増やす予定だ。なぜ、今、それをやるのか? ブロードバンドの普及も大きな要素だが、Calacanisは、ビデオを見るためのデバイスとしてのiPadに大きく期待している。”iPadもテレビも、未来はストリーミングにありだよ”、と彼は宣言する。Weblogs方式…複数のプロフェッショナルなブログがコンテンツ群を形成する方式…は、ライブのオンラインビデオでも有効だろうか? 見てておもしろいのはむしろ、今後の彼の挑戦ぶりだろう。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))