Google、Amazon S3のライバル、Google StorageをI/Oカンファレンスで発表へ

次の記事

日本のTwitterに強力な援軍―ソフトバンクモバイル、Twitterをプレインストールした携帯13機種発表

Amazonのクラウド・ストレージ・サービスには今週新たな有力ライバルが登場するらしい―Googleだ。われわれの得た情報によると、今週開かれるGoogleI/O カンファレンスで、AmazonのS3クラウド・ストレージの直接のライバルとなるサービスが発表されるという。GoogleのこのサービスはGoogle Storage for Developersあるいは略してGSと呼ばれる。当初はプライベート・ベータでスタートする模様。また既存のAmazon S3ユーザーが極めて容易にこのサービスに移行できるようデザインされているという。

REST API、Googleアカウントによって認証してダウンロードを許可する機能、 データの冗長化などの機能がサポートされる。デベロッパーに対してはウェブ・インタフェースと同時にコマンドライン・ツールも提供される。

TechCrunchでは、GoogleのクラウドサービスはGoogle翻訳やビデオ処理のようにGoogleが部内で開発したテクノロジーを利用した付加価値サービスをメインとしていくのではないかと報じた。われわれの聞いたところでは、今回のストレージ・サービスにはそのような付加価値サービスは含まれていないもようだ。しかし、近く付加価値サービも開始される可能性は高い。そうなればライバルとしては、Googleが何年もかけて開発し、完成した数多くのテクノロジーと競争しなければならず、苦戦を強いられることになるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01