StumbleUpon、いつの間にか登録利用者数1000万を達成

次の記事

Google、Amazon S3のライバル、Google StorageをI/Oカンファレンスで発表へ

大々的な発表はなかったが、StumbleUponの登録利用者が5月17日付けで1000万人を超えたとのことだ。1000万人目の登録者はコロンビア在住、Nellzomという20歳の男性だ。

なぜ1000万人目の登録者がわかるのか。

それはStumbleUponのコミュニティディベロップメントおよびサポートを担当している人がプロフィールを紹介して、次のメッセージを寄せているからだ。「Nellzom氏はStumbleUponの1000万人目の登録者です。StumbleUponへようこそ。たくさんの素敵な仲間とお楽しみください」。

この発言を鷹の目を持つTechCrunch読者であるPaul Sanchezが発見した。

前回、StumbleUponの利用者数について触れたのは2008年4月のことだった。当時、利用者数が500万人に到達したところで、情報投稿数が50億件とのことだった。それから2年で利用者が倍になったというわけだ。但し登録利用者のうちどの程度が現在もサービスを利用し続けているかについてのデータはない。しかしStatCounterによるとTwitter、Reddit、ないしDiggなどよりも多くのトラフィックをウェブにもたらしているとのことだ。すなわちStumbleUponのサービスはうまく機能しているということを意味するのだろう。

参考までに、StumbleUponがeBayからスピンオフして、再度独立サービスとしての地位を獲得したのは1年少々前のことだ。

最近StumbleUponのブログに掲載されたように、独立独歩の地位を獲得して以来URL短縮とコンテンツシンジケーションサービスを行うsu.prのリニューアル、Chrome用エクステンションの開発、広告システムの見直し、サービス内容の再構築、iPad用アプリケーションの提供開始、バッジの導入などとならんで「ウェブバー」をリリースするなど矢継ぎ早に様々の手段を講じている。

5月4日のブログ記事には、関連する統計情報がいくつか掲載されている。

-2009年から、アクティブ利用者の増加率は118%となっている
-2009年4月から数えて、レコメンド投稿数は54億件に達している
-2010年3月に投稿されたレコメンド数は5億件
-StumbleUponの利用者は平均して1日に25件の投稿リンクをクリックしている
-Mozillaアドオンの利用者は平均してひと月に400件程度のリンクをクリックしている
-Facebookのファンページに登録している人は100,000人以上

このリストに「1000万利用者達成」のニュースも加わることになるわけだ。

読者のみなさんはStumbleUponを利用中だろうか。利用している(あるいはしていない)理由はなんだろうか。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)