mozilla
H.264

Google、Mozilla、Opera、Adobeがオープンソースの新ビデオコーデックWebM/VP8を採用してH.264に対抗

次の記事

ビートルズとiTunesについて言うのなら、EMIは「丘の上の馬鹿」

H.264ビデオ・コーデックがウェブ・ビデオの主流になろうとしているところでGoogleが強烈な巻き返しに出た。今日(米国時間5/19)、GoogleはMozilla、Operaと共同でHTML5向けにFlashを使わず、無料で使用できるビデオ・コーデック、WebMプロジェクトをローンチした。

これまで、FlashとHTML5をめぐる争いの中心はH.264コーデックだった。H.264はAppleが支持しているために普及にはずみがついている。AppleはiPad、iPhoneを始めとして自社のすべてのデバイスでH.264をサポートしている。またSteveJobsがFlashをサポートしなくてよい理由として挙げているのもH.264だ。これは高速かつ軽量の現代的なコーデックで、あらゆる面で優秀だが、一つだけ大きな欠点がある。知的所有権がMPEG-LAコンソーシアムにあるのだ。コンソーシアムは現在はライセンス料を徴収していないが、2015年から徴収を開始する計画を立てている。それがMozillaがFirefoxのコーデックとしてH.264をサポートせず、もっと古いOgg Theoraを採用している理由だ。

しかし、今回Googleはそれよりずっと優秀なVP8というコーデックをプロジェクトに寄贈した。VP8はGoogleが買収したOn2 Techchnolgiesの開発したコーデックだ。〔Ogg TheoraはOn2が以前に開発したVP3のオープンソース版〕WebMはVP8ビデオ・コーデック自身に加えて、オープンソースのVorbisオーディオ・コーデック、ファイル・エクステンション、新しいマイム・タイプをセットにしたファイル・フォーマットだ。Flashを含めてあらゆるビデオ・プレイヤーがWebMをサポート可能だ。そして事実、WebMをサポートする40のテクノロジー・パートナーの中にFlashも含まれている。

Chrome、Firefox、Operaの各ブラウザがWebMをサポートする他、GoogleはYouTubeビデオでWebMでもエンコードすることで普及に大きな弾みをつけようとしている。さて、SafariとIEはこれに参加するだろうか? AppleはH.264を非常に強く支持しているものの、理論的にはWebMをサポートできない理由はない。もしAppleがWebMをサポートしようとしなければ、ビデオコーデック戦争が勃発することになる。

WebMのテクノロジー・パートナーにはSkype、Nvidia、Qualcomm、AMD、ARM、Brightcove、Encoding.com、Kaltura、HDCloudなどが含まれる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01