スマートフォン販売統計:iPhoneとAndroidの合計で市場シェアは25%

次の記事

TechCrunch Disrupt―Livestreamで完全中継中

GoogleによるAndroid携帯およびiPhoneは急速に市場シェアを拡大中だ。双方のOSを搭載する携帯電話機を合わせると、2010年第1四半期での世界シェアは25%にも及ぶ。データの提供元はGartnerで、この数値は昨年の12%から大幅にアップしている。現状ではiPhoneのシェアが勝っており15.4%(5ポイントアップ)となっているが、Androidも9.6%(8ポイントアップ)と急追している。他のスマートフォンは相対的にシェアを減じており、RIM Blackberryも販売台数では相変わらずプラスとはなっているが、シェアは減らしている(文末の表を参照)。

シェアを伸ばしているAndroidは、スマートフォンでの採用OSの順位としては第4位となった。Windows MobileがAndroidに地位を譲って第5位となっている。尚、iPhone OSは3位でRIMが2位。全世界を対象として見ると、Symbianが依然1位の座を占めている。全携帯電話を対象としてみてみるとRIMが3.4%のシェアで4位、iPhoneは2.7%のシェアで7位となっている。

シェア争いの面で見るとAndroidがiPhoneを上回る成長を遂げているが、販売台数ではまだiPhoneが上回っている。Gartnerの統計によれば第1四半期に販売されたiPhoneの台数は約840万台で、Android携帯は520万台となっている。またこの四半期の売り上げを1年前と比較するとiPhoneの売上台数は490万台増となっている。一方のAndroidの方は合計で460万台増だ。

Androidの売上台数は結局iPhoneを上回ることになるのかどうか。注目に値する。

Table 2
Worldwide Smartphone Sales to End Users by Operating System in 1Q10 (Thousands of Units)

Company 1Q10

Units

1Q10 Market Share (%) 1Q09

Units

1Q09 Market Share (%)
Symbian 24,069.8 44.3 17,825.3 48.8
Research In Motion 10,552.6 19.4 7,533.6 20.6
iPhone OS 8,359.7 15.4 3,848.1 10.5
Android 5,214.7 9.6 575.3 1.6
Microsoft Windows Mobile 3,706.0 6.8 3,738.7 10.2
Linux 1,993.9 3.7 2,540.5 7.0
Other OSs 404.8 0.7 445.9 1.2
Total 54,301.4 100.0 36,507.4 100.0

Source: Gartner (May 2010)

原文へ

(翻訳:Maeda, H)