zenitum
space invadAR

拡張現実(AR)になったスペースインベーダーゲーム–高価で勝てないけどおもしろい

次の記事

Chromeのエクステンションがアップデート通知を出せるようになった(MacのGrowlのように)

拡張現実(Augmented Reality, AR)はまだそれほど実用化されていないが、なかなかクールだし、楽しい。とくに今度のAndroidゲームは、ARをなお一層、おもしろく使っている。

そのゲームは、ZenitumのSpace InvadARだ。彼らはこれを、”世界初の画像を使ったARゲームだ”と自慢している。しかも、よくできてるようだ…下のビデオを見てみよう。

まずゲームのWebサイトからゲームと、ゲームで使う画像をダウンロードする。画像はプリンタで印刷しておく。そしてAndroid携帯電話のカメラを画像に向ける。するとその画像(この場合は惑星–宇宙空間の地球–の写真)がゲームの背景になり、インベーダーゲームを宇宙空間でやってるような感触になる。地球を襲うエイリアンたちが、画像とカメラのあいだの空間…カメラに写った現実の空間…を飛行する。だから「拡張現実」。けっこう、すごい。

でも、欠点がある。まず、お値段が25ドルと高い(Android Marketで)。第二に、Nexus OneとHTC Desireでしか使えない。第三に、このゲームではプレーヤー(人間)が勝てない。

だから今のところは、完成製品というより、すばらしいデモと言うべきか。でも、まあ、このビデオは見るべきだよ。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))