Linkedin
Facebook Questions
aardvark

Questionsは「Facebookの未来」なのか?

次の記事

TechCrunch 5周年記念Meetupが世界250ヵ所以上で開催

一週間ほど前から、Facebookが「Questions」という新しい「キラーアプリ」をベータテストしているという噂が流れ始めた。ベータテスターには、左カラムのイベントや写真の下にQuestions機能が表示される。そこで質問したり質問に答えたりしながら、友だちの輪を広げていく。

数日前Facebookはプライベートベータの範囲を広げ、現在はベータテストに参加を希望する人は誰でも申し込みできる。Facebookは、このQuestionsサービスを非常に重要視している。「Facebookの未来を作る手助けをしてください」とページのタイトルに書かれている。

FacebookはQuestionsを写真やイベントと同列に扱おうとしている。

ベータテストに協力していただく方々の仕事は、気に入った話題について良い質問をし、良い回答をしていただくことです。経済、スカイダイビング、人間関係、メキシコ料理レストランなど何でも結構です。お任せします。Facebook以外でこのサービスを使うのはみなさんが最初になります。あなたの専門的な記事は何千万人もの目に触れることになり、その中には求人担当者もいます。最高のベータテスターの方々は、カリフォルニアにご招待してFacebook本社にて開発チームと対面していただく予定です。

ベータテスト参加希望者は、質問の見本を3題送るだけ。例えば以下の通り。

  • Google ChromeとInternet Explorerの主な違いは何ですか。
  • 女性が求めている人間関係は何か。
  • BP社が流出原油を清掃するために行っている方法は何か。

Facebookは、Yahoo Answers、Google(最近買収したAardvark経由で)、LinkedIn(求人担当者への言及に注目)、そしてQuoraを一網打尽にしようとしている。Q&Aサイトは膨大なページビューを生む。これはFacebookがもはや無視できない分野である。ユーザーたちはこれまでにもFacebookを使って、自分たちのソーシャルなネットワークを通じて適宜日常的に質問をしている。これは、近況アップデートの一種と考えることもできる。Questions機能は、こうした質問を全部まとめて友人やその友人たちに広めた上で、検索もできるようにするものだ。

FacebookがQ&A分野で有利だと考えられるのは、拡大されたソーシャルネットワークから回答を得られるため、質問がより深い対話の始まりになり、新しい関係を促進することだ。しかし、個別機能として切り出すことによって、新たな疑問が生じる。近況アップデートの主要タイプは、どれも今後はFacebookの個別機能になるのだろうか(写真やイベントのアップデートがそうであるように)。だとすれば、次は何だろう。


[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)