Twitterの月間訪問者は1億9千万、ツイートは毎日6500万―Costolo COO語る

次の記事

Twitter、政治家や政府との連携を狙い、ワシントンD.C.勤務の社員を募集中

今日(米国時間6/8)ニューヨークで開かれたConversational Media SummitでTwitterのCOO、Dick Costoloがいくつかの数字をアップデートしてくれた。 今やTwitterの月間訪問者は1億9千万、ツイートは毎日6500万に上るという。「われわれは突っ走る列車の前方に大急ぎで線路を敷いているような状況だ」とCostoloは言う。今回明らかにされた数字は4月に発表された2月のユニーク訪問者1億8千万、1日あたり5千万ツイート」という数字より増加している。

Twitter.comへの訪問者数と登録ユーザー数は異なる(comScoreではTwitter.comへの訪問者を4月の全世界ベースで8360万、5月のアメリカで2380万と推定している。下のグラフ参照)。Costoloによると、大半のユーザーは自分ではツイートせず、タイムラインを読むだけだという。6500万のツイートのうちどれくらいがボットが発信するスパムかは明らかにされなかった。

CostoloはTwitterの広告に関する方針再確認し、「サードパーティーがタイムラインに広告ツイートを挿入するこを認めない」と述べた。Twitterの公式広告ツイート、Promoted TweetsはTwitter自身が100%コントロールする。現在少数の大手ブランドによってPromoted Tweetsのベータテストが行われているが、それによると反応率(クリックスルー、返信、リツイート、引用等)は2.5%だという。Costoloは「Twitterは近々、広告顧客のための分析ダッシュボードをリリースする」と述べた。広告主はユーザーの興味や好む話題などによってターゲットすることができるようになる。ただし、このターゲティングに用いられる情報は個人ベースではない。Twitterのプライバシー方針についてCostoloは次のように述べた。「われわれのプライバシー方針は非常に簡単だ。非公開アカウント(protected account)を利用するか否か。もし非公開アカウントを利用しないのであればすべて公開される。Twitterに投稿した情報はすべてウェブに公開されると聞いて今さら心臓発作を起こす人もいないだろうが、このことはしっかり頭に入れておいて欲しい」。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01