Twitterにもいつの間にか「ワールドカップテーマ」が登場(その他ワールドカップ関連情報)

次の記事

AdMobのCEO―「Appleの携帯広告からのライバル閉め出し規定はデベロッパーに有害」

Twitterは全世界の人々が利用する交流の場となってきている。そのような中、明日から開幕する全世界規模で盛り上がるWorld Cupの話題も数多く出てくるに違いない。ワールドカップはイベント規模も大きく、世界中にはサッカーファンも多く、その重要性に鑑みてネット上の各種サービスも関連したイースターエッグを仕込んでいるようだ。
たとえば昨日、Googleで「ワールドカップ」を検索した際に面白い結果が得られると話題になった。ここしばらくネットから離れていて何の話題なのかわからないという人は、画面の一番下までスクロールしてみれば話も通じるだろう。

Twitterについても、あちこちで情報収集をしてくれているTechCrunchの読者が情報を寄せてくれた。デザインギャラリーに「South Africa 2010」というテーマが加わっているとの情報だ。

いつまで掲載されているのかは不明だが、今のところはTwitterの「設定」メニューから「デザイン」を選ぶと一番下に表示されるようになっている。

Update:尚、スタッフによるおすすめリストに、ワールドカップ関連のアカウントがまとめて表示されてもいる(情報提供は@Orli)。

参考までに記しておくと、FIFA World Cup 2010の公式ツイッターアカウントは@fifaworldcuptmだ。最も利用されているハッシュタグは#WC2010となっているようだ。#worldcupのハッシュタグにも発言が集まっている。

(Hat tip to Michel Wester)

原文へ

(翻訳:Maeda, H)