高速データ転送サービスAWS Import/ExportがS3でも利用可能に–ただしまだ合衆国とEUのみ

次の記事

明日【日本では今日!】世界350ヵ所以上でTechCrunchバースデーパーティーが開かれる

Amazon Web Services(AWS)が今朝(米国時間6/10)、AWS Import/ExportをAmazonのSimple Storage Service(略称: S3)で一般的に使えるようにした、と発表した。それに伴って提供される新しいWebサービスのインタフェイスにより、データの転送や移行を容易に管理できるようになる。

プレスリリースによると、この新機能により、ポータブルなストレージデバイスから/への大量のデータ転送が高速化される。大きなデータ集合の場合には、インターネット上の伝送よりもAWSのImport/Exportのほうが’きわめて速い’と言われている。

AWSのImport/Exportサービスは前からあり、すでに多くの企業が利用しているが、今日からは一般供用される。料金はストレージデバイス1基あたり80ドル+データロード時間1時間あたり2ドル49セントである。

さらにAmazon Web Servicesは今日、Amazon S3のサポートをAWS Management Consoleに加えた、と発表した。

〔参考記事: (1), (2), (3)

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))