infinity ventures
geeksonaplane

インフィニティ・ベンチャーズ、春のサミット、札幌で開催―スタートアップ11グループがデモ、GeeksOnAPlaneも参加

次の記事

本人情報:iPhoneから離れたはずのArringtonも、iPhone4は買うらしい

当初30数人でスタートしたGeeks On A Plane (GOAP)のツアーだったが、上海をスタートして北京ソウルシンガポールと回って最後に日本まで来たのは数人だった。この最後の目的地でのハイライトは札幌で開催されたインフィニティ・ベンチャーズ・サミット(IVS)だった。これは日本のベンチャー・キャピタル、インフィニティ・ベンチャーズ・パートナーズが主催する年2回行われる2日間にわたる招待のみのイベントだ。今回のIVSには日本のウェブ業界ばかりでなく外国からの参加者も多く、400人以上が参加した。

パネルディスカッションとプレゼンテーションのテーマは目下日本のウェブ業界最大の話題であるソーシャル・ゲームだった。11グループのスタートアップが新しい製品やサービスをデモしたLaunchPadイベントでは、もう一つのホットなトピック、iPadの発売開始の影響が見られた。

結局、V-Sido For Smartphonesというリアルタイムで人間型ロボットを操縦するソフトウェアが最優秀デモに選定された。

以下にIVSでデモした11グループ、それぞれのプロダクトの簡単な紹介をする。

IVS Launch Padの最優秀賞と入賞者

スマートフォン版V-Sido(ブシドー) by 吉崎 航
最優秀賞はロボットマニアの吉崎 航(よしざき・わたる)氏のスマートフォン版V-Sido(ブシドー)に決定した。吉崎氏は前回の IVS Launchpadですでに2位に入賞している。今回デモした製品は スマートフォオンを利用した人形ロボットのマルチタッチ・リモートコントローラーで、操縦者がスマートフォンの画面に指で星型を描くと、現実のロボットがリアルタイムで腕でその動きをなぞる。指の動きを速くするとロボットも速く動く。山崎氏は将来等身大の大型ロボットをコントロールできるソフトウェアを開発したいと語った。また年内にはV-Sidoの一般販売を開始する計画だという。

下のビデオでは3分08秒からウェブを通じたコントロールのデモが見られる。

AQUSH by Exchange Corporation (2位入賞)
AQUSH はイギリスのZopaによく似たピア・ツー・ピア金融サービスだ。金を貸したい人と借りたい人を結びつけるシステムだ。去年の12月にスタートしたサービスだが、貸し手はAQUSHが判定する借り手の信用リスクに応じて4%から15%までの5段階の金利と貸し出したい金額を設定する。AQUSHは過去の信用履歴、財政状態、FICOによる信用格付けなどをベースに借り手のリスクを審査し、5段階に分類する。AQUSHでは借り手の平均利率は11.6%(一般的な平均より6.5%も低い)で、貸し手は平均して7.8%の利息収入を得ているという(日本では3年定期預金の利率が1年あたり0.15%に過ぎない)。AQUSHの目標はsome of the more than $7兆ドル相当ともいわれる個人のキャシュと銀行預金の一部を$300B(3000億ドル)の消費者金融市場への投資に呼び込むことにある。

iogous(イオゴス) by Fringe81 (second runner-up)
iogous(イオゴス)は特許出願中のバナー広告の生成・最適化ソリューションだ。このシステムではバナー広告を主要ビジュアル(画像)、キャッチフレーズ、ロゴ、アクションボタン(「ここをクリック」など)、フォーマット、背景色という6種類の要素に分解する。次にシステムはこれらの6要素を組み合わせて何千種類ものバナー広告を自動的に生成する(下の画像参照)。このサービスを開発したFringe81ではこのシステムを利用したユーザーは通常の静的な(単一パターンの)バナー広告に比べて80%のクリックスルー率の向上を期待できるとしている(英語による詳細情報はこちら)。

Partyゲーム by KLab (3位入賞)
Partyゲームは iPadとiPhoneを利用した一連のマルチプレイヤー・ゲームだ。iPadをメインの画面に利用し、個々のプレイヤーはiPhoneを利用するというアイディアで、たとえば現実同様のポーカーが楽しめる(デバイス同士はBluetoothで接続される)。KLabではPartyPokerを日本のAppStoreに登録している。“PartyCoupleMatching(グループ・デート・ゲーム)や(PartyDarts, PartyBowlingなどのゲームが開発中という。

下のビデオはPartyPoker
デモ(こちらはPartyCoupleMatching):

ライフログシステム L+ by 越野亮 (4位入賞)
L+ はAndroid携帯向けライフログ・システムで、AndroidハードウェアのGPS、Bluetooth、加速度計、マイクという4つの要素を利用して、ユーザーが「いつ、どこで誰と、何をしたか」を記録すること狙っている。L+はまた万歩計の機能を備えている(加速度計を利用)。またGPS/WiFiの位置情報を利用してユーザーが一日どこを歩き回ったかを記録する。Bluetoothのコネクション記録から近くに誰がいたかも分かる。生成された情報はL+が自動的にGoogleマップ、カレンダーその他に記録する。

その他

今回入賞を逃した6グループは以下のとおり。

  • Zeptopad Planner NoteはiPad向けノート、ホワイトボード・アプリ。簡単にベクター画像を生成できる他、数多くの機能を備えている(iTunes
  • Cerevo Cam Live!9メガピクセルのソーシャル・カメラだ。撮影した写真を自動的に(Wi-Fiまたは3G経由で)ウェブにアップロードし、さらにカメラから直接Ustreamにライブビデオ・ストリーミングすることができる。
  • GQ iPad版は高価なブランドやアプリケーション内動画(映画の予告編)などに特化したデジタル広告プラットフォーム。
  • Fastweet Live HDはiPad向けTwitterクライアント。人気のハッシュタグを検索するなどしてツイートを複数のカラムに表示できる(未公開。iPhone版はこちら)。
  • Motion Dive .CastはiPadでさまざまなビデオの編集作業が行えるアプリ。
  • TweetBubblesはAdobe AIRを利用したTwitterアプリでUstreamなどのストリーミング上にTwitterを利用した「吹き出し」式のコメントを表示して楽しむことができる。

テクノロジーブログのTech Waveで全11グループのデモをUstreamチャンネルで見ることができる(すべて日本語)。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01