ハイキングやサイクリング用の新版Google Earth–上り坂下り坂まで図解してくれる

次の記事

Xbox 360のKinectにモーションコントロールの未来が見える–もう単なるゲーム用ではない

今日(米国時間6/14)リリースされたGoogle Earthのデスクトップアプリケーションの新版は、ランニングやハイキング、サイクリングなどをする人たちが気に入るだろう。それは、Google Earth 5.2.と呼ばれている。ぼくなら、ハイキング用Google Earthと呼ぶね。今度の新機能によってGoogle Earthは、ユーザのGPSのデータを使ってハイキングやサイクリングなどの旅程図を作る(右の写真)。旅の速度、高度差(上り下り)などのデータも、視覚化されてアニメーションで図示される。

心拍数など、体調に関するデータを入力すると、それらも画面下にグラフとしてオーバレイされる。iPhoneやAndroidのフィットネスのアプリケーションに、こんな機能があったらおもしろいだろうな*。〔*: 原文コメントによると、Android用にはすでにいくつかあるらしい。〕

また、今度のGoogle Earthは、そのデスクトップアプリケーションの中でふつうのWebブラウザを立ち上げられる。ということは、やがて、Google Earthそのものが完全にWebに移行するのだろうか。それとも、Second Lifeみたいなものになるのかな。

下のビデオは、Google EarthのプロダクトマネージャPeter Birchが自分のサイクリングを撮ったものだ。

〔原文コメントより: 「こいつは、笑っちゃうほどすごい。Googleはいつも、ぼくをびっくりさせる。Googleが今何をやっているか、われわれ全員が知るべきだね、そろそろ。インターネットを独占するなんて、犯罪だぞ、ハハハ。」〕

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))