Nintendo 3DS―ファースト・インプレッション

次の記事

Microsoft Office 2010、世界同時発売開始へ

今のところ任天堂の新しい3Dゲーム機について報告できる情報は少ない。デモはわずか1分で、照明の状態は悪いし、どのみち、3D効果は2Dのビデオやスクリーンショットではうまく伝わらないことは言うまでもない。しかしとにかくファースト・インプレッションの一報を入れておこう

まずその3D効果だが、私の目にはスクリーンから「飛び出してくる」というよりもスクリーンの「向こう側に奥行がある」ように見えた。もちろんシーンと見方によっては「飛び出してくる」ように見えることもあったが、だいたいにおいてこのデバイスの3D効果は「窓を覗き込むと、その向こうの部屋の中のものが3Dに見える」という感じだ。もちろん3D効果は本物だ。

デモはマリオとそのお仲間が走り回るシーンで、カメラアングルを多少変えられるものの、本物のゲームではない。頭を4、5センチ左右に動かすと画像にゴーストが出始め、やがて像が二重に見えるようになって3D効果が失われる。3D効果が得られるスイートスポットはあまり広いとはいえない。といってネックカラーで首を固定しなければならない、というほどでもない。ふつうに首を動かすだけなら3D効果に影響はない。

デバイス自体はピカピカした感じで、私がテストしたのは黒だったが、全体としてDSと大きな違いはない。スライドの動きはスムーズでレスポンスも良い。残念ながら、現時点で言えるのはそれくらいだ。今日、この後会場でもっとじっくりデモができるはずなので、また後でフォローするつもりだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01