日本のゲーム会社DeNAが$27.5Mの投資ファンドを設立

次の記事

新Mac miniのおかげでApple TVはホビー以下に

Zyngaが$150M(1億5000万ドル)を日本のメディア企業Softbank Capitalから資金調達したのに続き、日本のゲーム会社DeNA は、$27.5M(2750万ドル)のファンドを設立し、ソーシャルゲームコミュニティーに投資すると発表した。DeNAは新ファンドの83.3%を所有し、ファンド名はIncubate Fund No. 1 Limited Partnership。出資者には他に何人の日本の個人投資家が名を連ねる。

DeNAによると、ファンドの主目的はソーシャルメディアとゲーム開発を融合する会社を見つけて投資することだという。同ファンドはシード段階以降のベンチャー企業への出資を想定している。DeNAは、同社のモバイルゲームプラットホームであるモバゲータウンに載せるゲームのデベロッパーにも投資する意向だ。数ヵ月前、DeNAはYahoo Japanと戦略的提携を結び、PCベースのソーシャルゲームプラットホーム、Yahoo Mobageを今年中にスタートさせることを発表した

この新ファンドは、日本国内への投資はもちろん、DeNAが米国ゲーム市場でのプレゼンスを高める手段にもなりうる。同社は、ゲーム会社、Aurora Feintの株式20%を所有しており、米国への進出に真剣に取り組んでいる。DeNAはいくつかの英語圏国でソーシャルゲームプラットホームを展開し、Facebook等のソーシャルネットワーク用のゲームを開発する計画だ。また同社はつい最近、iPhone用のグローバル・ミニゲームソーシャルネットワークを開始したところだ。

DeNAは過去最高の売上を見込むなど日本国内のゲームで目覚ましい利益を上げており、世界進出は同社がグローバルなゲーム巨人となる足がかりとなるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)