今後のAndroidはユーザ体験の向上にひたすら注力–機能面は一段落したので

次の記事

Opera 10.60ベータの提供を開始–高速化, 位置情報, WebMのサポートなどが売りもの

GoogleのAndroidチームは、2008年に初のAndroidデバイスが市場に登場して以来、ものすごいペースでこのオペレーティングシステムの新バージョンを次々と打ち出してきた。しかし、ユーザ体験*の部分はあまり進化しなかった。〔*: user experience, 操作方法・手順、操作感覚、出力の形式・構造など、ユーザに/が接する部分をすべて含む最広義のユーザインタフェイス。〕

それが、次のバージョンではがらりと変わる。Googleに近い複数の情報筋が、そう言っている。

これまで追求してきた重要な機能に関してはそろそろ一段落した、というのが、チームの今の認識だ、と情報筋は言っている。もちろん、細部の練り上げ磨き上げは今後も続くが。今Googleが求めているのは、携帯電話のメーカーやキャリアが独自のUI…Sense、Motoblur、Ninjablurなどなど…を加えるのをやめさせたいということ。

それらは、シェルのできが良くないし(HTC EVOを見よ)、それにデバイスをのろくしている場合が多い。

Googleは、そういう傾向にストップをかけるために、次のGingerbreadではユーザ体験に開発努力の多くを傾注する。Android体験をiPhoneに近いものにしたい、と彼らは考えている。

サードパーティが、製品を差別化してユーザを独自にコントロールしたいという誘惑に打ち勝つのは、難しい。しかしGoogleの目標は、そういういわゆる”スキン”をできるかぎり不要にすることだ。

Androidは多様なハードウェアオプションに対応できる柔軟性あるオペレーティングシステム、ということになっているから、ユーザ企業の自主性を押さえ込むことは難しい。しかし、ハードウェアがある程度一定のものでなければ、Android側でUIの完全を期することはきわめて困難だ。AppleのMacは、実装者がただ一社なので、ハードウェアが多様化しない。だからそのユーザ体験は、多様なハードウェアを認めるWindowsよりもつねに優(まさ)っていたのだ。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))