comScore最新レポート:Twitterは依然として急成長急速拡大中

次の記事

1日10万のコメントをフィルタ〜分類するためにHuffington PostがAdaptive Semanticsを買収–技術の多面的応用を目指す


ネットワークのデータ解析を行うcomScoreが5月のデータを公開した。レポートによればTwitterの成長速度にはまだまだ陰りは見えないようだ。comScoreのデータによると4月の全世界におけるユニークビジターは83.8Mで、5月は90.2Mとなっている。7.6%の成長率ということになる。3月から4月にかけてはどうだったかというと、3月のユニークビジターは79.4Mで4月にかけての成長率は5.5%だった。また1年前は、comScoreによる集計ではTwitterのユニークビジター数は37.3Mとなっていた。

いつも言っていることだが、comScoreの数値はTwitterを利用している人数を把握するのに適切なものだとは言えない(Twitter.comへの訪問者だけをカウントし、API経由のアクセスを把握できない)。利用者データについては先日TwitterのCOOであるDick Costoloが、Twitter社による集計データを公表している。Costoloの発表したデータによれば、Twitterへの訪問者数は月間190Mで、1日のツイート数が65Mだとのことだ。尚、Twitter.comにアクセスする人がすべてツイートを行うわけではない(サービスを受動的にのみ利用している人というのもいる)。

そのようなわけで、Twitterの数値とcomScoreの数値に大きな隔たりはあるが、それでも成長傾向の分析を行うことはできる。一時停滞が言われた時期があったものの、Twitterは再度成長路線に乗っているようだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)