Spark Capital
Oklahoma Publishing Company
inform technologies
inform

セマンティックWeb技術のInform Technologiesが$4Mを調達, 新CMOを招聘

次の記事

モバイルの革新がPCに圧勝する理由

ニューヨークでセマンティックWeb関連の開発とサービスを行っているInform Technologiesが今朝(米国時間6/21)、シリーズAで$4M(400万ドル)を調達したと発表した。このラウンドを仕切ったのは以前からの投資家たち、Spark CapitalThe Stephens GroupThe Oklahoma Publishing Companyのめんめんだ。

さらに同社の発表によれば、元Internet BoradcastingのSVP Tony Dunaifが、同社のChief Marketing Officerとして迎えられた。1か月前に同社は、インターネットテレビ企業Joostの前CEO Matt Zeleskoを、同社のCTOとして迎えたばかりだ。

Inform社のメインの顧客は出版社などのマスメディア企業で、セマンティックWebを同社独自に実装したソリューションにより、コンテンツのカテゴリー分類や関連性〜適切性分析、顧客のアーカイブやWeb全域から互いに文脈的に関連性のある複数の記事/画像/ビデオを取り出す、といった処理を提供する。また同社はSEOサービスも提供し、分類概念の適切化と、各記事への有意義なリンクを増やすことによって、それらが検索結果の上位に出るように図る。

CBS Interactive、CNN、NBC、The EconomistなどはInform社のソリューションを使ったユーザの参加性、トラフィック、広告のインプレッション(到達数)の増加に努めている。同社のWebサイトへ行って、任意のカテゴリ(たとえば‘Internet’)を入力し、同社の技術を試してみよう。

新たに入ったTony Dunaifは、同社の営業とマーケティングと社内/対外双方のコミュニケーション全般を見る。それまでDunaifは、Internet Broadcastingのマーケティング開発担当Senior Vice President(上級副社長, SVP)として、対外関係の拡大と、同社のモバイル関連の戦略起草を担当していた。

さらにその前はDunaifは、Brightcoveでコンテンツパートナーシップと国際開発担当の副社長だった。さらにさらに前は、MTV Networksで12年間、上級管理職の地位にあった。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))