foursquare、成長速度を加速して1週間で100,000人ほどの新規利用者を獲得中

次の記事

Google、Appleに対抗してHTML5をプロモートするサイトをオープン―その名もHTML5Rocks(いやマジで)

ここ数ヶ月にわたって、foursquareは興味深い実績を積み重ねてきた。たとえばSXSWでの戦果チェックイン回数の急増業務提携の話など、いろいろあった。しかしこうしたサービスでもっとも重要なのはやはり利用者数ということになるだろう。もちろんfoursquareはこの面でも注目すべき成果をあげている。

すなわちfoursquareからのツイートによれば、利用者数が170万人を超えたとのことだ。なんと一週間で100,000人増ということになる。またfoursquareの利用者が100万人を突破したのも、ほんの2ヶ月前のことだ。成長速度は従来以上に上がってきているようだ。

このペースが続くようなら、7月にはfoursquareユーザは200万人を超えることになる。確かに同じく位置情報サービスを提供するMyTownは既に既に200万人を突破しているが、こちらは位置情報サービスというよりは、ゲームサービスに分類した方が適切だろう。尚、やはり位置情報サービスを提供するBrightkiteも2月に200万ユーザを達成している。さらにライバルのLooptやGoogle Latitudeは双方ともに300万ユーザを獲得している。

fousquareの方も成長率を保っていけば、規模の面では近々ライバルたちを上回ることになる。もちろんLooptもiPhoneのバックグラウンドタスクに対応し、Latitudeも新たなAPIを発表しており、手をこまねいて抜き去られるのを待つということにはならないだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)