Twitter for iPhone:マルチタスクとRetinaディスプレイ対応版が早くもApp Storeに登場

次の記事

日本にてEvernote 100%出資の「エバーノート株式会社」が誕生。評判の文字画像認識でも日本語の正式サポートを開始

Twitterが評判のiPhone版クライアントのTweetieを提供するAtebitsの買収を決めたとき、開発スピードに遅れが出ることになるのではないかと危惧する声もあった。しかしそれは杞憂に過ぎなかったようだ。TwitterはiOS 4とiPhone 4に対応したiPhone版の3.0.1をはやくもリリースした。

実際のところ、facebookアプリケーションなどがiPhoneの新機能への対応に遅れをとっている中、結局はTwitterが迅速に新機能対応をしたアプリケーション群のひとつとなったわけだ。

発表されたばかりのアプリケーションでサポートされた新機能はなんだろう。App StoreのページではOAuth関連のアップデートと、「トップツイートが動かなくなるバグ修正」ということが説明されているに過ぎない。しかしダウンロードしてみたところマルチタスクに対応しているようだ。すなわち、他のバックグラウンド化可能なアプリケーションとお間で簡単に切り替えを行うことができる。また開発者のLoren Brichterのツイートによれば、iPhone 4のRetinaディスプレイにも対応しているようだ。

新しいTwitterクライアントはApp Storeのこちらからダウンロードできる。アプリケーションは無料で提供されている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)