BingがResellerRatingsと提携してネットショップのリビューを検索結果ページで提供

次の記事

学校で「創作」の授業を安全にすすめられる環境/ツールサービスAviary For Education

MicrosoftのBingがResellerRatingsと提携して、ショッピングの検索結果にオンラインショップのリビューを提供する。ResellerRatingsは、オンラインの小売サイトに対する消費者からのリビューを43万以上集めている。

ResellerRatingsには、Newegg、TigerDirect。DiamondShark、Buy.com、B&Hなどのオンライン小売業者に対するリビューがあるだけでなく、小売業者たちはこのサイトから、リビューを書いたお客に返事を送ることができる。小売サイトは顧客に対して、チェックアウト時にリビューを書くようすすめ、リビューを書いた人と直接コンタクトして問題を解決し、関連製品の請求書を見たり、顧客でない人からのリビューを選り分けたり、カスタマサービス部門の参考のためにリビューへの返事を公開したりできる。ResellerRatingsによれば、同社のリビューは昨年1年間で1000万件以上の買い物で参考にされ、購入の決定に影響を与えた。

ただしこれは、Microsoftの独占契約ではない。ResellerRatingsのリビューはGoogle Product Search、TheFind.com、ShopWiki.com、そのほかのショッピング検索ポータルに配信されている。ResellerRatingsはScott Wainnerが1998年に開発し、彼はその後EarthWebに売ったが、のちにInternet.comから買い戻した。

[原文へ]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))