Instapaper有料版がRetinaディスプレイに対応して、ページ送りにはスワイプを採用

次の記事

特許紛争でSalesforceがMicrosoftを反訴–切れ者弁護士David Boiesを起用

iPhone(およびiPad)で利用出来るInstapaperは、非常に簡単かつ便利なブックマークツールだ。モバイル端末で閲覧中に発見したオンライン記事(とくに記事が長い場合に便利だ)を後で読めるようにブックマークしておき、未読管理などを行うことができる。このInstapaperが新しいRetinaディスプレイに対応して、一層便利にリニューアルされた。iPhoneとInstapaperの組み合わせは「読む」という行為を一層楽しませてくれるものとなる。

今回Appleに承認されたのは2.2.4というバージョンのものだ。ユニバーサル形式(iPhone、iPod touch、およびiPadで動作する)のアプリケーションで、いくつか機能がアップデートされている。まずiPhone 4のRetinaディスプレイに対応して表示が美しくなった。またiOS 4版およびiPad版の双方でスワイプ機能がサポートされた。ページを移動する際に、iBooksと同じように「めくる」アイキャッチが表示される。開発者のMarco Armentによればページ閲覧時のパフォーマンスも改善されているとのことだ。尚、いくつかインタフェース上に存在したバグも潰されているとのこと。そしてTwitterのOAuthがサポートされた。

またバージョンアップにともないプレミアム版の名称が「Instapaper Pro」から「Instapaper」になっている(無料版の方が「Instapaper Free」となった)。

ちなみにパスワード付きで用いている際、iPhone 4でパスワードボックスの表示がおかしくなってしまい使えなくなるというバグについてはまだ対応されていない。Armentによると2.2.5で対応している(既にApp Storeには登録済みだとのこと)そうだが、こちらはまだAppleによる承認作業が完了していない。現在のところパスワードを削除することで動作させることができる(もちろんパスワードを外して利用する場合には十分注意が必要だ)。

有料版の価格は600円で、こちらから購入することができる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)